ハーブ「ステビア」の効果・効能

ハーブティー
Pocket

ステビア(Stevia)は南アメリカを原産のキク科の多年草
です。
総丈は1m近く伸び夏から秋にかけて白い小さな花を咲か
せます。
甘味料として知られておりその甘さは砂糖の200倍とも
いわれています。
そのため単独でティーとして飲むことは少なく他のティーの
甘味料として使用されます。

 

  ステビアの主な有効成分

・ステビオサイド
・バウディオサイド
・ヒスタミン

  ステビアに期待される効果・効能

■ダイエット効果
ステビアに含まれる甘みは砂糖の200倍ともいわれており
しかもカロリーが低く熱に強いことからダイエットを
助けます。

■糖尿病予防
ステビアに含まれる低カロリーの甘味成分が糖分の摂取を
制限される糖尿病の予防に役立ちます。

■アレルギー症状の緩和
ステビアに含まれるヒスタミンの解毒作用があるためアレ
ルギー症状の緩和を助けると考えられています。

他にもステビアには

● 高血圧予防
● 二日酔予防
● 健胃作用
● 強壮作用
● 抗酸化作用

などの効能あるとして調査されています。

 

スポンサードリンク



 

  ステビアティーの注意点 

ステビアはキク科の植物ですのでキクにアレルギーのある方は
飲用を控えましょう。

 

  ステビアティーの淹れ方

苦みのあるハーブなどに甘みをプラスする場合

①ポットに好みのハーブティーと小さじ1のステビアを
ポットに入れ熱湯を注ぎます。

②そのまま3分ほど蒸らしていただきます。

(甘みはブレンドするハーブによって加減しましょう。)

 

ステビアティーは単独では甘みが強すぎるので薄めるか
他のハーブに入れて使用しましょう。

砂糖の200倍ともいわれる甘みを持つステビアは砂糖と
比べるとカロリーが低いという利点があります。

ダイエットに興味のある方や糖分を控える必要のある
方などにおすすめのハーブです。

 

 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ユキノシタ茶」の効果・効能
ユキノシタ茶に使用するユキノシタは北海道以外ほぼ全国で見られる湿地の岩場などに自生するユキノシタ科の多年草です。 天婦羅や山菜として食用にされるほか昔から風邪や解毒剤などの民間薬としても利用されてきました。
レンズ豆の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
レンズマメは、西アジア原産、マメ科ヒラマメ属の一年草 から採れる種子です。 日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、インドや イタリア、フランス料理で煮込み料理やカレーなどによく 利用されます。
ナツメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ナツメは、中国原産のクロウメモドキ科の落葉高木で、 果実が食用になります。 日本では飛騨地方で甘露煮として食べられるほか、 乾燥させたりお菓子の材料にします。 また生薬としても利用されます。
おいしくて簡単「白菜」の漬物を漬けてみよう!!
白菜は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物です。 日本では大根やキャベツなどと同じく古くから親しまれて きた代表的な冬野菜で、冬のなべ物には欠かせません。 そのほか、クリーム煮やあえ物などいされるほか、塩漬けや キムチ漬けなどの材料にもなります。
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
プルーンジャムの作り方と保存方法
プルーン (prune) は、アメリカカリフォルニア州などを 産地とするスモモに近い西洋スモモの総称で日本では長野県 や北海道などで栽培されています

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました