ハーブティー「セージティー」の効果・効能

アンチエイジング
Pocket

セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で
日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。
夏になると紫色や白色の花を咲かせます。
乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他
料理やアロマなどいろいろなものに使われています。
ヨーロッパでは古代からハーブティーとして親しまれて
来ました。

 

  セージティーの主な有効成分

・チアミン (B1)
・ビタミンB6
・葉酸 (B9)
・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンK
・ミネラル
・フラボノイド
・精油
・フェノール酸
・カルノソール(苦味物質)

 

  セージティーの効果・効能

■歯肉炎・口内炎の予防
セージティーには高い抗菌・抗ウイルス作用があるため
歯肉炎・口内炎の予防に役立ちます。

■強壮作用
セージティーのもつ独特な香りに血液の循環を促す働き
があるため疲れを緩和する強壮作用が期待されます。

■アンチエイジング
セージには強い抗酸化作用があるため老化の原因となる
活性酸素の生成を抑える働きによりアンチエイジングに
も役立ちます。

■更年期障害の緩和
セージには収斂作用、発汗抑制作用、ホルモン様作用が
あるため寝汗を防ぎ更年期症状の緩和にも効果を発揮
します。

■生理痛緩和
セージにはホルモン様作用があるため女性ホルモンのバラ
ンスが保たれることで生理痛が緩和されたりイライラや
ストレスを和らげる効果も期待されます。

他にもセージティーには

● 扁桃腺炎予防
● 抗ウイルス作用
● 防腐作用
● 内分泌調整
● 血行促進作用
● 強壮作用
● 殺菌作用
● 低血圧緩和
● 頭痛解消
● リウマチ緩和

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

  セージティーティーの注意点

セージティーティーは
・妊娠中の方
・授乳中の方
・てんかんのある方
・血圧の高い方
は飲用を控えましょう

 

  セージティーの淹れ方

①ポットにセージティーの茶葉ティースプーン1を入れ
熱湯を注ぎます。

②蓋をしたまま3分~5分蒸らしていただきます。

 

セージティーティーはやや苦みがありますが爽快感のある
香りで飲みやすいハーブです。

ハーブとしての知名度や人気は高くイギリスには「「長生
きしたい者は5月にセージを食べよ」という諺があるほどです。

爽やかな香を嗅ぐことでイライラや神経の乱れなどを落ち着
けてくれます。

不安でなかなか寝付けないとき、風邪の症状を和らげたいとき
更年期障害などの症状を緩和したいときなどにおすすめのハー
ブティーです。

 


 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「鉄観音(てっかんのん)茶」の効果効能
鉄観音茶(てっかのんちゃ)は中国十大銘茶のひとつで独特の香りがありポリフェノールが豊富でダイエットやアンチエイジングなどの効能があるということで知られています。  鉄観音茶の主な有効成分・ポリフェノール・テアニン・ビタミン類・ミネラル  鉄
高菜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
ローズヒップの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「白菜」の漬物を漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
干しシイタケの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
アプリコットジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました