ハーブティー「ルイボスティ―」の効果・効能

アンチエイジング
Pocket

ルイボス(rooibos)は南アフリカ共和国のセダルバーグ
山脈のみに自生するマメ亜科の低木です。
ルイボスティ―の持つ人間の老化の原因となる活性酸素を
除去する酵素の働きが今大注目されている話題のハーブです。

  ルイボスティ―茶の主な有効成分

・フラボノイド(ケルセチン)
・カルシウム
・マグネシウム
・鉄
・亜鉛
・銅
・マンガン
・グァイアコール

 

  ルイボスティ―茶の効果・効能

■アンチエイジング

ルイボスティーに含まれている酵素には「しわ」「たるみ」
など老化の原因となる活性化酸素を強力除去する働きが
あるためアンチエイジング効果が期待できます。

■加齢臭の予防
ルイボスティーにたっぷり含まれている酵素による
活性酸素を除去する効果によって加齢臭の原因となる
ノネナールの増加を抑えるため加齢臭の予防にもつなが
ります。

■便秘解消
ルイボスティーに含まれるマグネシウムには便を柔ら
かくし腸内環境を整える働きがあるため便秘解消を
助けます。

■花粉症予防
ルイボスティーに含まれるフラボノイドには免疫力を
高める働きがあるためアレルギーや花粉症などの予防に
も効果を発揮します。

他にもルイボスティ―茶には

● 肌荒れ予防
● シミ対策
● 育毛効果
● にきび対策
● 美容効果
● ダイエット効果
● 美肌効果
● ぜんそく予防
● ストレスの軽減
● 安眠効果
● 頭痛改善
● 体調不良改善
● リラックス効果
● 二日酔い軽減
● アレルギー体質改善

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  ルイボスティーの選び方

ルイボスティーは日本では育てることができません。
しかしスーパーなどのお茶コーナーには迷ってしまう
ほどさまざまなルイボスティーが並んでいます。

購入で注意する点は品質の良いもの、そして煮だす
タイプのものを選びましょう。

 

ルイボスティーは煮だすことによってより効果が高まり
ます。煮出さないでも飲めるというのも迷わず煮だして
から飲みましょう。

 

  ルイボスティーの選び方淹れ方

①やかんにルイボスティーの茶葉と水1リットルをいれ
火にかけます。

②沸騰したら火を弱めてとろ火で10分から15分煮詰めます。

 

ルイボスティーには人間の体内の老化や疲労さまざま
な生活習慣病などの原因となる活性酸素の働きを抑える
酵素が豊富に含まれており、その含有量は緑茶の50倍
とも言われています。

ミネラルを多く含み南アフリカの一部の土地にしか栽培
されていません。
今まで他の土地で何度も栽培が試みられてきましたが
ことごとく失敗に終わっています。

驚異の生命力で住民たちからは「不老長寿の茶」と呼ばれ
ており今日本でも最も注目を集めているお茶です。
味もくせのない飲みやすいお茶で妊婦さんやお子さん
お年寄りも安心して飲むことができるおすすめの健康茶
です。

 

 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能
ヤマモモの葉茶 に用いるヤマモモはヤマモモ科の常緑樹で3~4月に小さな花を咲かせ初夏に濃い赤色の果実をつけます。  ヤマモモの葉茶の主な有効成分・トリテルヘノイド・ミリセチン・タンニン・クエルシトリン・ミルシトリン・フラボノール  ヤマモモ
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
食用ほおずきの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「ラディッシュ」のピクルスを漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
ドライオレガノの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。さらに野菜や果物には乾燥するこ
柚子(ユズ)ジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました