ハーブティー「レモングラスティー」の効果・効能

ハーブティー
Pocket

レモングラスとは

レモングラスは南インド、スリランカに自生するイネ科の多年草です。
細長いススキや、かやのような葉をつけ、シトラールが含まれているため指で少しこすってみるとレモンのような香りがします。
その香りからハーブティーやトムヤムクンやカレーなどの料理、香料、香水など幅広く利用されています。

 

レモングラスティーの主な有効成分

・シトラール
・精油
・フラボノイド
・ゲラニオール
・リナロール

 

レモングラスティーのおすすめポイント

レモングラスティーにはレモンと同じ成分のシトラールが含まれているのでレモンに似た清涼感のある風味でのみやすいハーブです。
シトラールには頭をスッキリさせるリフレッシュ効果があります。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する働きのあるゲラニオールや殺菌作用、消炎作用のあるシトロネラール、口臭予防に役立つフラボノイドなどが含まれています。

口臭が気になる方や、食欲がない時、リラックスしたい時、また風邪の初期症状を緩和したい時などにおすすめのハーブティーです。

 

スポンサードリンク



 

レモングラス茶葉の作り方

①レモングラスの葉を根元からカットします。

②程よい長さにカットしてざるに干すか、ひもで結んで掛けて天干しします。

③カラカラに乾いたら、小さくカットして清潔な瓶などに保存します。

レモングラスティーの淹れ方

①ポットにレモングラスの茶葉をティースプーン1いれお湯を注ぎます。

②5分ほど蒸らしてからいただきます。

レモングラスはハーブティーとしてはもちろんエスニック料理に欠かせない材料でタイ料理にはほぼ使用されています。

 

レモングラスティーの注意点

レモングラスティーは母乳の出をよくする効果があると言われていますが妊婦さんが多量摂取することは避けましょう。

 

レモングラスの育て方

レモングラスは園芸店などで容易に手に入り比較的簡単に育てられます。
いつでも新鮮な葉を手に入れる為家庭栽培してみるのもおすすめです。

5月頃園芸店で苗を手に入れ鉢で育てます。
夏にたくさんのレモングラスが収穫できます。

 

寒さに弱いので日本では戸外での冬越えはできません。
多年草ですが冬越えが厳しい場合は春にまた苗を買って育てるのがおすすめです。

栽培環境
日当たりがよく、保水性があり肥えた土壌を好みます。

用土
赤玉土、腐葉土、ピートモスをまぜあわせ、酸性で水はけのよい土壌を作ります。
市販のハーブ用の配合土を使うのが簡単です。

水やり
土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。

肥料
植える前に堆肥を混ぜ込んでおきます。
その後は成長期の春から秋にかけて液体肥料を与えます。

 

 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ほうじ茶」の効果・効能
ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や煎茶を焙煎したものです。 安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても人気があります。
生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ショウガは熱帯アジア原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で地下茎にできた球根が食材にされます。 日本では高知県のショウガが有名で、全国に集荷されています。 独特の香りと辛みがあり、薬味や香辛料として使われるほか 生薬としても利用されています。
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グミは、グミ科グミ属の植物で、果実が食用になります。 山野に自生し 赤く熟した実は渋みと甘みと酸味があり、生食できます。
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
ミョウガは、東アジが原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で花穂、若芽の茎が食用とされます。 食べすぎると物忘れがひどくなるという言い伝えがありますが 学術的には根拠がないといわれています。 独特の芳香があり、ひややっこのトッピングやあえ物などに 利用されます。
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
イタドリジャムの作り方と保存方法
イタドリ(虎杖)は、タデ科の多年生植物で地域によって スカンポやスイバなどと呼ばれています。 高知県では新芽を摘み取り山菜として煮物や炒め物として 食べられています。

 

スポンサードリンク



注意
ハーブティーは医薬品ではなく食品です。
合う、合わないは人によってさまざまですし、効能がすべての人に保証されるわけではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、妊娠されている方など、気になる方はかかりつけの医師に、ご相談の上お試しください。
Pocket

タイトルとURLをコピーしました