ハーブティー「パセリティー」の効果・効能

アンチエイジング
Pocket

パセリは地中海沿岸を原産とするセリ科の二年草です。
古代ローマ時代から料理に使われ、世界中で最も知られ
いるハーブの一つです。
日本でもなじみが深く、栽培も簡単で古くから薬味として
利用されてきました。

 

  パセリティーの主な有効成分

・ビタミンA
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンC
・βカロチン
・ミネラル
・食物繊維
・葉緑素
・カリウム

 

  パセリティーの効果・効能

■アンチエイジング
パセリに含まれるアピゲニン、アピインやビタミン
類には高い抗酸化作用があるため老化の原因となる活性酸素
を抑制する働きがあるためアンチエイジングの効果が期待
されます。

■目の疲れを緩和
パセリに含まれるルティンやゼアキサンチンには
目の活性化酸素を抑える作用があるため白内障などの予防や
ブルーライトんどから目を保護する働きがあります。

■むくみ防止
パセリに豊富に含まれるカリウムには体内にたまった
老廃物や余分なナトリウムなどを排出する働きがあるため
むくみ防止にも効果的です。

■リラックス効果
パセリに含まれるポリフェノール成分のアピインには
鎮静効果があるためイライラを静めたり神経からくる
頭痛の緩和などにも役立ちます。

■冷え性改善
パセリテに豊富に含まれる鉄分には血流を改善し血行を
よくする働きがあるため冷え性改善にも効果的です。

■風邪・インフルエンザ予防
パセリに含まれるβ-カロテンやポリフェノールには免疫力を
回復する働きがあるため風邪の初期症状などにも効果が期待
されます。

他にもパセリには

● 疲労回復作用
● 美肌効果
● 花粉症予防
● 貧血予防
● 利尿作用
● 血圧降下作用
● 抗菌作用
● 殺菌作用
● 強壮作用
● 高血圧予防
● 生活習慣病予防
● 冷え性予防
● 消化不良改善
● 食欲不振改善
● 夏バテ防止
● ダイエット作用
● インフルエンザ予防
● アレルギー緩和

などの効能があると言われています。

 


 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ほうじ茶」の効果・効能
ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や煎茶を焙煎したものです。安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても人気があります。  ほうじ茶の主な有効成分・クロロフィル・テアニン・ビタミンC・ビタミンE・カテキン  ほうじ茶の効能■
生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
干し芋の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
イタドリジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに

 

スポンサードリンク



 

  パセリティーの注意点

パセリには様々な効能もありますが刺激が強いので
妊娠中、授乳中、また持病などの方は飲用を控えま
しょう。

 

  パセリティーの淹れ方

①パセリを洗って細かく刻みます。

②フライパンでカラカラに煎り付けます

③ポットにパセリの茶葉をひとつかみ入れ熱湯を注ぎます。

④3分~5分蒸らしてできあがりです。

 

パセリティー はビタミン類やミネラルを豊富に含み
トップクラスの栄養価を持つ野菜です。

ノンカフェインなのでカフェインが気になる方も安心
です。

アンチエイジングが気になる方、生活習慣病を予防
したい方、冷え性を緩和したい方などにおすすめの
ハ―ブです。

 


こちらの記事もおすすめ

健康茶「ほうじ茶」の効果・効能
ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や煎茶を焙煎したものです。安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても人気があります。  ほうじ茶の主な有効成分・クロロフィル・テアニン・ビタミンC・ビタミンE・カテキン  ほうじ茶の効能■
生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
干し芋の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
イタドリジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました