ハーブティー「パセリティー」の効果・効能

ハーブティー
Pocket

パセリとは

パセリは地中海沿岸を原産とするセリ科の二年草です。
古代ローマ時代から料理に使われ、世界中で最も知られいるハーブの一つです。
日本でもなじみが深く、栽培も簡単で古くから薬味として利用されてきました。

 

パセリの主な有効成分

・ビタミンA
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンC
・βカロチン
・ミネラル
・食物繊維
・葉緑素
・カリウム

 

パセリティーのおすすめポイント

パセリははビタミン類やミネラルを豊富に含みトップクラスの栄養価を持つ野菜です。
ノンカフェインなのでカフェインが気になる方も安心です。
アンチエイジングが気になる方、生活習慣病を予防したい方、冷え性を緩和したい方などにおすすめのハ―ブティーです。

 

 

スポンサードリンク



 

 

パセリティーの淹れ方

①パセリを洗って細かく刻みます。

②フライパンでカラカラに煎り付けます

③ポットにパセリの茶葉をひとつかみ入れ熱湯を注ぎます。

④3分~5分蒸らしてできあがりです。

 

パセリティーの注意点

パセリには様々な効能もありますが刺激が強いので妊娠中、授乳中、また持病などの方は飲用を控えましょう。

 

パセリの育て方

パセリはハーブの中でも最もなじみのある野菜の一つです。
鉢植えで栽培しておけば付け合わせにグリーンが欲しいとき重宝します。

栽培環境
パセリは炎天下に弱く涼しい環境が適しています。
日当たりの良い半日陰で育てます。
日光が不足するとヒョロっと間延びしたようになります。

用土
プランターや鉢植えの場合は野菜用の培養土を使用します。
地上の場合は弱酸性にするために、植える前に石灰を入れ耕す必要があります。

種まき
パセリは芽が出にくいので苗から育てるのがおすすめです。
地に植えるときはバラマキし土を薄っすらかけて苗が育ったら30㎝くらいあけて移植します。
上変えたときは水をたっぷり与えます。

水やり
鉢植えの場合は乾いたら水やりします。

肥料
月に一度ほど化成肥料を少し与えます。

収穫
本葉が12~15枚になったら収穫できます。
外側の下葉から使用する分だけ少しづつ摘み取ります。

 

 

 


こちらの記事もおすすめ

健康茶「ほうじ茶」の効果・効能
ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や煎茶を焙煎したものです。 安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても人気があります。
生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ショウガは熱帯アジア原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で地下茎にできた球根が食材にされます。 日本では高知県のショウガが有名で、全国に集荷されています。 独特の香りと辛みがあり、薬味や香辛料として使われるほか 生薬としても利用されています。
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グミは、グミ科グミ属の植物で、果実が食用になります。 山野に自生し 赤く熟した実は渋みと甘みと酸味があり、生食できます。
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
ミョウガは、東アジが原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で花穂、若芽の茎が食用とされます。 食べすぎると物忘れがひどくなるという言い伝えがありますが 学術的には根拠がないといわれています。 独特の芳香があり、ひややっこのトッピングやあえ物などに 利用されます。
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
イタドリジャムの作り方と保存方法
イタドリ(虎杖)は、タデ科の多年生植物で地域によって スカンポやスイバなどと呼ばれています。 高知県では新芽を摘み取り山菜として煮物や炒め物として 食べられています。

 

スポンサードリンク



 

  パセリティーの注意点

パセリには様々な効能もありますが刺激が強いので
妊娠中、授乳中、また持病などの方は飲用を控えま
しょう。

 

  パセリティーの淹れ方

①パセリを洗って細かく刻みます。

②フライパンでカラカラに煎り付けます

③ポットにパセリの茶葉をひとつかみ入れ熱湯を注ぎます。

④3分~5分蒸らしてできあがりです。

 

パセリティー はビタミン類やミネラルを豊富に含み
トップクラスの栄養価を持つ野菜です。

ノンカフェインなのでカフェインが気になる方も安心
です。

アンチエイジングが気になる方、生活習慣病を予防
したい方、冷え性を緩和したい方などにおすすめの
ハ―ブです。

 


こちらの記事もおすすめ

健康茶「ほうじ茶」の効果・効能
ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や煎茶を焙煎したものです。 安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても人気があります。
生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ショウガは熱帯アジア原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で地下茎にできた球根が食材にされます。 日本では高知県のショウガが有名で、全国に集荷されています。 独特の香りと辛みがあり、薬味や香辛料として使われるほか 生薬としても利用されています。
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グミは、グミ科グミ属の植物で、果実が食用になります。 山野に自生し 赤く熟した実は渋みと甘みと酸味があり、生食できます。
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
ミョウガは、東アジが原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で花穂、若芽の茎が食用とされます。 食べすぎると物忘れがひどくなるという言い伝えがありますが 学術的には根拠がないといわれています。 独特の芳香があり、ひややっこのトッピングやあえ物などに 利用されます。
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
イタドリジャムの作り方と保存方法
イタドリ(虎杖)は、タデ科の多年生植物で地域によって スカンポやスイバなどと呼ばれています。 高知県では新芽を摘み取り山菜として煮物や炒め物として 食べられています。

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました