ハーブティー「マロウブルー茶」の効果・効能

ドライハーブ
Pocket

マロウブルーとは

ハーブティーマロウブルー茶に利用するマロウブルーはアオイの多年草ウスベニアオイとも呼ばれています。
草丈が高く初夏から夏にかけ赤紫色の花を咲かせます。

ハーブティーにすると色の変化が楽しめる非常に珍しいお茶で人気があります。

 

マロウブルー茶の主な有効成分

・粘液質
・アントシアニジン
・タンニン

 

マロウブルー茶のおすすめポイント

マロウブルーはお湯を注ぐと美しいブルーにそしてピンクへと美しく変化し目でも楽しめる不思議なハーブティーです。

マロウブルーには粘膜を保護する働きがある粘膜質が含まれています。
そのほか、抗酸化作用のあるアントシアニンや、ポリフェノール、メラニンの増殖を抑えるタンニンも含まれています。
花粉症を予防したい方、肌荒れが気になる方、生活習慣病を予防したい方、便秘を解消したい方などにのおすすめのハーブティーです。

 

スポンサードリンク



 

マロウブルー茶葉の作り方

①マロウの花を摘み取ります。

②ほこりを払い天日乾燥します。

③きれいに乾燥したら清潔な瓶などに保存します。

 

マロウブルー茶の淹れ方

マロウブルー茶はくちあたりのやさしいフローラルの香りです。

①ポットにマロウブルー茶5gをいれ80~90℃のお湯を注ぎます。

②抽出している間に代わっていく美しい色を楽しみつつ飲みましょう。

 

マロウブルー茶の注意点

マロウブルー茶にはさまざまな効能があるといわれていますが妊娠中の方アレルギーのある方などは控えましょう。

 

マロウブルーの育て方

マロウブルーは大きく育ちます。
強い風で倒れないよう支柱を施します。

栽培環境
日当たりがよく、風通し、水はけのよい土地が適しています。

用土
酸性の土地では育ち育いので、植える前に苦土石灰をまぜあわせておきます。

水やり
地植えの場合ほぼ降雨だけで育ちますが、炎天下の乾燥期には日がお落ちてから水やりします。
鉢植えの場合は表面が乾いてからたっぷりと与えます。

種まき
種まきは春か秋に行います。

肥料
植える前に緩効性化成肥料をまぜあわせます。
その後は様子を見て、液体肥料などを追肥します。
鉢植えの場合は配合土に緩効性化成肥料を混ぜこんでおきます。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能
四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
スプラウトとは、穀類や豆類、野菜の種子の発芽したもので ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽です。 新芽野菜のもっとも一般的なのはもやしで、さまざまな料理に 使われています。
食用ほおずきの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ホオズキは、ナス科ホオズキ属の一年草になる果実です。 ホオズキには毒性があり一般的なホオヅキは食用にはできず 観賞用に育てられます。 食用になるのは、ショクヨウほおずきです。
おいしくて簡単「ラディッシュ」のピクルスを漬けてみよう!!
ラディッシュは、ヨーロッパを原産とするアブラナ科 大根族の野菜です。 小さく球形に肥大したもの、葉、茎を食用とします。 生食されることがほとんどでサラダや、酢の物などに 調理されます。
ドライオレガノの作り方ともどし方
オレガノは(oregano)はヨーロッパの地中海を原産とするシ ソ科の多年草で独特の芳香があり香辛料として使わています。 栄養価も高くオレガノのハーブティーには消化促進効果もあ ると言われています。
柚子(ユズ)ジャムの作り方と保存方法
柚子は中国を原産とするミカン属の常緑小高木になる果実 です。 日本では高知県の柚子が有名で全国に出荷されています。 独特の芳香が好まれ料理に使われるほか、体を温める作用が あるとして冬至には湯船に浮かべる習慣が広く伝えられてい ます。

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました