ハーブティー「ヒース茶」の効果・効能

ハーブティー
Pocket

ハーブとして利用するヒースはヨーロッパの高地などに
自生するツツジ科の常緑樹で可初夏に愛らしいピンクの花
をたくさんつけます。
日本ではエリカとも呼ばれミネラルが豊富な植物で泌尿器
科系に効くハーブとして知られています。

 

  ヒース茶の主な有効成分

ヒドロキノン配糖体
アルブチン
タンニン
フラボノイド
樹脂

 

  ヒース茶の効果・効能

■結石の予防
ヒースティーに豊富に含まれるミネラルには利尿作用
抗菌作用があるため結石の予防にもつながります。

■美白効果
ヒースティーに含まれるアルブチンにはメラミンの生成を
抑える働きがあるためシミ・そばかすなどの肌トラブルを
防止します。

他にもヒース茶には

● 抗菌作用
● 利尿作用
● 鎮静作用
● 収れん作用
● アンチエイジング
● 尿路消毒
● 殺菌作用
● 抗菌作用
● 収斂作用
● 鎮静作用
● 美白作用

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  ヒースティーの注意点

栄養効果の高いヒースティーですが腎臓病などの
方は多量摂取を避けましょう。

 

  ヒースティーの淹れ方

①ポットにヒースティーの茶葉大さじ1杯をいれ
熱湯を注ぎます。

②5分ほど抽出させてからいただきましょう。

 

ヒースティーはほのかな酸味がありますがほとんど
味を感じません。
そのためブレンドして飲むのもおすすめです。

ヒースには人が健康な体を保つために欠かせない
ミネラルを豊富に含んでいます。

肌荒れを改善したい方、胆石などを予防したい方
アンチエイジングが気になる方などにおすすめの
ハーブです。

 


 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ほうじ茶」の効果・効能
ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や煎茶を焙煎したものです。安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても人気があります。  ほうじ茶の主な有効成分・クロロフィル・テアニン・ビタミンC・ビタミンE・カテキン  ほうじ茶の効能■
生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
干し芋の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
イタドリジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました