ハーブティー「ヒース茶」の効果・効能

ハーブティー
Pocket

ハーブとして利用するヒースはヨーロッパの高地などに
自生するツツジ科の常緑樹で可初夏に愛らしいピンクの花
をたくさんつけます。
日本ではエリカとも呼ばれミネラルが豊富な植物で泌尿器
科系に効くハーブとして知られています。

 

  ヒース茶の主な有効成分

ヒドロキノン配糖体
アルブチン
タンニン
フラボノイド
樹脂

 

  ヒース茶の効果・効能

■結石の予防
ヒースティーに豊富に含まれるミネラルには利尿作用
抗菌作用があるため結石の予防にもつながります。

■美白効果
ヒースティーに含まれるアルブチンにはメラミンの生成を
抑える働きがあるためシミ・そばかすなどの肌トラブルを
防止します。

他にもヒース茶には

● 抗菌作用
● 利尿作用
● 鎮静作用
● 収れん作用
● アンチエイジング
● 尿路消毒
● 殺菌作用
● 抗菌作用
● 収斂作用
● 鎮静作用
● 美白作用

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  ヒースティーの注意点

栄養効果の高いヒースティーですが腎臓病などの
方は多量摂取を避けましょう。

 

  ヒースティーの淹れ方

①ポットにヒースティーの茶葉大さじ1杯をいれ
熱湯を注ぎます。

②5分ほど抽出させてからいただきましょう。

 

ヒースティーはほのかな酸味がありますがほとんど
味を感じません。
そのためブレンドして飲むのもおすすめです。

ヒースには人が健康な体を保つために欠かせない
ミネラルを豊富に含んでいます。

肌荒れを改善したい方、胆石などを予防したい方
アンチエイジングが気になる方などにおすすめの
ハーブです。

 


 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ほうじ茶」の効果・効能 | 健康習慣
ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や 煎茶を焙煎したものです。 安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても 人気があります。
生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
生姜は一年中店頭に並び安価で様々な料理に使うことができます。生姜にはアンチエイジング効果が期待される抗酸化作用のある成分ショウガオールやジンゲロールなどが含まれています。
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グミにはトマトと同じくリコピンが豊富に含まれコラーゲンの合成を助ける作用があり生活習慣病の予防にもつながります。また体の酸化を防ぐ抗酸化作用があるため老化予防効果も期待されます。
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
ミョウガには独特の香りがありますがこれはに含まれるの栄養成分アルファピネンという成分によるもので循環機能を助ける働きがあり女性特有の生理不順や更年期障害などに効果があると言われてます。
干し芋の作り方ともどし方
干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消やアンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待されています。干し方はいたってシンプル蒸して干すだけなので是非試してみましょう。
イタドリジャムの作り方と保存方法
イタドリには「痛みをとる」効能などがあるとされ古くから漢方薬としても利用されてきましたイタドリにはポリフェノールの成分レスベラトロールが含まれて織います。レスベラトロールには細胞の生まれ変わりターンオーバーを正常化する効果があると言われてい

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました