ハーブティー「ギンコティー」の効果・効能

アンチエイジング
Pocket

ギンコは中国を原産とするイチョウ科の落葉樹で雄と雌が
あり雄には銀杏の実をつけます。

大木に成長し日本ではイチョウの名前で知られています。
秋には葉が黄色に紅葉し観賞用としても人気がありますが
ハーブとして飲むギンコティーにも様々な効能があること
で知られています。

 

  ギンコティーの主な有効成分

・フラボノイド
・テルペンラクトン
・ギンコライド
・ケルセチン
・ケンフェロール
・プロアントシアニジン
・イソラムネチン
・ピロパライド
・クエルシトリン
・ビオフラボン
・シトステロール
・カテキン
・ラクトン
・テポニン
・アントシアニン
・シリマリン
・テルペン

 

  ギンコティーの効果・効能

■アンチエイジング
ギンコティーに含まれる豊富なフラボノイドには強い抗酸化
作用がるため老化の原因と言われる活性化酸素を除去する
働きによってアンチエイジングの効果が期待されます。

■認知症予防
ギンコティーには抗酸化作用や血流の改善作用があるため
記憶力の改善や認知症の予防を助けます。

■生活習慣病予防
ギンコティーに含まれるフラボノイドの抗酸化作用や悪玉
コレステロールを減少させる働きによって生活習慣病にも
効果的と言われています。

■花粉症・アレルギー予防
ギンコティーに含まれるフラボノイドの抗酸化作用の活性化
酸素や血小板の活性化を抑える働きによって花粉症などの
アレルギー症状の予防を助けます。

■冷え性改善
ギンコティーの血流を改善する作用によって
冷え性の改善効果も期待されます。

他にもギンコティーには

● 循環器改善
● 収斂作用
● めまい改善
● 頭痛緩和
● 耳鳴り改善
● 喘息緩和
● 高山病緩和
● 生活習慣病予防
● 便秘改善
● 発汗作用
● 循環器改善作用
● 血圧降下作用
● 記憶力減退
● 脳軟化症改善
● 聴力改善
● 腎炎緩和
● 動脈硬化予防
● 心臓疾患改善
● 血栓症予防
● 狭心症予防
● 加齢黄班変性緩和
● 平衡感覚障害改善
などの効能があると言われています。

 

 

  ギンコティーの注意点

様々な効能があると人気の高いハーブですが「ギンコール酸」
というアレルギー物質が含まれていますので品質のよい
ものを購入されることをお勧めします。
煮詰めすぎないように注意し妊娠中の方、お子さんや病院に
かかっている方などは飲用を控えましょう。

 

  ギンコティーの淹れ方

煮沸かす場合

①やかん、鍋などにギンコティーにの茶葉を大匙1と
水1リットルを入れ火にかけます。

②沸騰したら弱火にして5分から7分くらい煮詰めます。

急須で入れる場合

①急須にギンコティーの茶葉を大匙1入れ熱湯を注ぎます。

②蓋をしたまま3分から5分蒸らして抽出させます。

 

ギンコティーは草の香りとやや苦みのある味が
ポイントです。
ノンカフェインなのでカフェインが気になる方にも
安心して飲むことができます。

ギンコティーには10種類以上のフラボノイドが含まれて
おりさまざまな効能があると言われています。

アンチエイジングが気になる方、記憶力の低下を感じる
方、生活習慣病を予防したい方などにおすすめのハーブ
ティーです。

 

 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ユキノシタ茶」の効果・効能
ユキノシタ茶 に使用するユキノシタは北海道以外ほぼ全国で見られる湿地の岩場などに自生するユキノシタ科の多年草です。天婦羅や山菜として食用にされるほか昔から風邪や解毒剤などの民間薬としても利用されてきました。  ユキノシタ茶の主な有効成分・塩
レンズ豆の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
レンズマメは、西アジア原産、マメ科ヒラマメ属の一年草 から採れる種子です。 日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、インドや イタリア、フランス料理で煮込み料理やカレーなどによく 利用されます。
ナツメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ナツメは、中国原産のクロウメモドキ科の落葉高木で、 果実が食用になります。 日本では飛騨地方で甘露煮として食べられるほか、 乾燥させたりお菓子の材料にします。 また生薬としても利用されます。
おいしくて簡単「白菜」の漬物を漬けてみよう!!
白菜は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物です。 日本では大根やキャベツなどと同じく古くから親しまれて きた代表的な冬野菜で、冬のなべ物には欠かせません。 そのほか、クリーム煮やあえ物などいされるほか、塩漬けや キムチ漬けなどの材料にもなります。
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
プルーンジャムの作り方と保存方法
プルーン (prune) は、アメリカカリフォルニア州などを 産地とするスモモに近い西洋スモモの総称で日本では長野県 や北海道などで栽培されています

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました