ハーブティー「フィーバーフューティー」の効果・効能

ハーブティー
Pocket

フィバーフュー(Feverfew)とは

フィーバーフューは西アジアやバルカン半島を原産とするキク科の多年草です。
薬のような強いにおいがあり古くから薬草として利用されてきました。
日本では夏白菊(ナツシロギク)と呼ばれ夏にマーガレットに似た可憐な花を咲かせます。

 

フィーバーフューティーの主な成分

・パルテノライド
・セロトニン
・タネチン
・プロスタグランジン

 

おすすめポイント

「フィバーフュー」はラテン語で「解熱剤」を意味する「febrifugia」に由来するといわれています。
名前の通り解熱の作用があると言われ、ヨーロッパでは伝統的な薬用ハーブとして古くから庭に植えられてきました。
苦みがあり飲みにくいと感じる方がいるかも入れませんがほかのハーブと合わせてみるとよいかもしれません。
頭が重いとき、疲労回復をしたい時、リラックスしたいときにおすすめのハーブティーです。

 

スポンサードリンク



 

フィーバーフューティーの茶葉の作り方

フィーバーフューの生葉は、そのままでは食べられません。
葉を乾燥させて、フィーバーフューティーとして飲まれます。

①フィーバーフューティーの葉を収穫します。

②汚れを取り除きざるなどに並べて天日乾燥させます。

③カラカラに乾いたら清潔な瓶などに入れて保存します。

 

フィーバーフューティーの淹れ方

①やかんなどに小さじ1~2のフィーバーフュー茶の茶葉と水1リットルを入れ火にかけます。

②沸騰したらとろ火にして3分ほど煮だします。

 

フィーバーフューティーの注意点

フィーバーフューに次の方は飲用は控えましょう。

・キクアレルギーの方
・妊娠中の方
・授乳中の方
・ちいさなお子さん
・抗凝固剤を服用している方は、飲用しないようにします。

 

防虫剤として使用する

フィーバーフューは乾燥させると防虫効果がありますのでサシェなどにつめると、虫除けの使用できます。
花壇に植えても防虫効果があります。

 

フィーバーフューの育て方

フィーバーフューは湿気を嫌い、防寒性があります。
秋に種をまき苗のまま冬越しします。

置き場所
日当たりの場所に置きます。屋外に植える場合は良い水はけのようい場所に植えましょう。

水やり
湿気を嫌いますから水やりは乾き気味にします

手入れ
大きく育ち枝が茂りますから、込み合わないよう根元の株をすき、鉢植えなら1鉢に1本にします。

肥料
春と秋に少し与えます。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ギャバロン茶」の効果・効能
ギャバロン茶とは、緑茶を改良し作られたお茶で血圧の上昇を抑えることを目的に独立行政法人食品総合研究所が開発した健康茶です。 そのために血圧の上昇を抑える作用があるギャバ(GABA)が大量に含まれているのが特徴です。
パクチー(香菜)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
パクチーは、南ヨーロッパを原産とするセリ科の一年草 です。 生春巻きやフォーなどに調理されますが、独特の味と においが特徴で好みがわかれます。 日本にはなじみの薄い野菜でしたが最近ではよく知られ 簡単に手に入るようになりました。
オレンジの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
オレンジは、インド原産のミカン科ミカン属の常緑小高木 になる果実です。 柑橘類のひとつで日本ではアマダイダイ(甘橙)と 呼ばれています。 実はジューシーで香り高く、生食されるほかジュースや 果実酒などに加工されます。
おいしくて簡単「梅干し」を漬けてみよう!!
梅は、中国を原産とするバラ科サクラ属の落葉高木で果実が 食用にされます。 固くて酸っぱいうえ、未熟なものには毒性があるため生食 には向いていません。 ほとんどが塩漬けや焼酎付けなどにされます。 梅干しは店頭でも簡単に手に入れることができますが やはり保存料などの添加物もない手作りの梅干しは最 高です。...
乾燥とうもろこしの作り方ともどし方
夏にたくさん出回るとうもろこしはバーベキューにしたり ゆでたりとさまざまな料理に利用されますが保存が効きま せん。 長持ちさせるためには天日乾燥がおすすめです。 乾燥させたトウモロコシは甘みがギュッと凝縮されます。
ラズベリージャムの作り方と保存方法
ラズベリー(raspberry)は、ヨーロッパを原産とする バラ科キイチゴ属の低木になる果実です。 甘味と酸味がありジャムやおかしの材料、リキュールな どに利用されています

 

スポンサードリンク



 

注意
ハーブティーは医薬品ではなく食品です。
合う、合わないは人によってさまざまですし、効能がすべての人に保証されるわけではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、妊娠されている方など、気になる方はかかりつけの医師に必ず、ご相談の上お試しください。
Pocket

タイトルとURLをコピーしました