ハーブティー「フェヌグリークティー」の効果・効能

Pocket

フェヌグリーク(fenugreek)は地中海原産でマメ亜科の一年
草で和名は「コロハ」です。
草丈は60㎝りにもなり、初夏にかけて黄色い花をつけたあと
細長い豆の果実をを付けます。

カレーなどの香辛料に使用されている他ヨーロッパでは古くか
ら胃腸障害などを改善する効果があるハーブとして利用されて
きました。

 

  フェヌグリークティーの主な有効成分

・クマリン
・フラボノイド
・ステロイド
・サポニン
・アルカロイド
・ビタミン類
・ミネラル
・粘液質

 

  フェヌグリークティーの効果・効能

■催乳作用
フェヌグリークティーには女性ホルモン、副腎皮質ホルモン
のもととなるジオスゲニンが含まれているため授乳期の乳の
出がよくなる効果が期待されます。

■糖尿病予防
フェヌグリークティーに含まれるサポニンには強い抗酸化
作用があり血液中のコレステロール値を抑える働きや脂肪
が蓄積されるのを防ぐ働きがあるため糖尿病予防の予防に
役立ちます。

■健胃作用
フェヌグリークティーにはクマリンには浄化作用や抗炎症
作用があり改善消化不良や胃痛などの症状を和らげる働きが
あることから健胃効果が期待されます。

■むくみ防止
フェヌグリークティーに含まれるクマリンには血流を改善
する作用があり、血液の流れをよくすることで体内の余分な
水分や老廃物が排出されむくみ予防になります。

他にもフェヌグリークティーには

● 関節炎緩和
● 通風緩和
● リウマチ緩和
● 咳緩和
● 肝機能促進
● 食欲増進
● 去痰作用
● 抗炎症作用
● 鎮痛作用
● 月経痛緩和
● 消化促進
● 子宮刺激
● 浄化作用
● 血糖値低下
● 強壮作用
● 美胸効果
● バストアップ効果
● 呼吸器系疾患緩和
● コレステロール値低下

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

  フェヌグリークティーの注意点

フェヌグリークティーには子宮を刺激することがあるため
妊娠中の方は飲用を控えましょう。

 

  フェヌグリークティーの淹れ方

①フェヌグリークの種は抽出しやすいようにあらかじ
砕いておきます。

②ポットにティースプーン1の砕いたフェヌグリークの茶葉
を入れ熱湯を注ぎます。

③蓋をしたまま3分~5分蒸らします。

 

フェヌグリークは日本ではあまり知られてない名前ですが
カレーのスパイスとして使われているためなじみのある味
です。

フェヌグリークティーは香りは甘いけれど味には苦みがあ
るため苦手と感じる方ははちみつなどを加えると飲みやすく
なります。

胃を丈夫に保ちたい方、消化不良を改善したい方などに
おすすめのハーブティーです。

 

健康茶の作り方と淹れ方

 

スポンサードリンク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pocket