ハーブティー「アロエティー」の効果・効能

ダイエット
Pocket

アロエ(Aloe)は南アフリカを原産とするユリ科アロエ属の
多年で和名は木立アロエ(キダチアロエ)と呼ばれています。

キダチアロエは日本でも広く栽培されておりビタミン、ミネ
ラルを豊富に含み、昔から「医者いらず」と言われ民間薬と
して浸透し重宝されてきました。

 

  アロエティーの主な有効成分

・アロエボラン
・シトステロール
・アロエチン
・アロエウルシン
・葉緑素、
・サポニン
・ビタミンA
・ビタミンB12
・ビタミンC
・ビタミンE

 

  アロエティーの効果・効能

■風邪予防
アロエティーに含まれるアロエチンには強い殺菌作用や解
毒作用、また免疫力を高める働きがあることから風邪など
の予防や緩和に役立ちます。

■ダイエット効果
アロエティーに含まれるアロエボランには新陳代謝を活発に
する働きがあり余分な脂肪を燃焼させることでダイエット効
果が期待されます。

■糖尿病予防
アロエティーに含まれるアロエボランには血糖値を下げる働
きがあるため、糖尿病を予防します。

■健胃作用
アロエティーに含まれるネバネバ成分アロエウルシンには
炎症を鎮める働きがあるため胃腸病の改善や予防を助けます。

他にもアロエティーには

● 美肌効果
● 肌荒れ防止
● 皮膚炎予防
● 湿疹予防
● 高血圧予防
● 低血圧予防
● 二日酔い改善
● 便秘解消
● 下痢防止
● 喘息予防
● 低血圧予防
● 美白効果
● 抗炎症作用
● 抗アレルギー作用
● 緩下作用
● 頭重緩和
● のぼせ緩和
● 肌荒れ改善
● 吹き出物改善
● 食欲不振改善
● 腹部膨満改善
● 痔緩和
● 花粉症緩和
● 鼻炎緩和
● 歯周病予防
● 口内炎緩和

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

  アロエティーの注意点

様々な効能があると言われているアロエですが体を冷やす
作用や子宮を収縮させる作用もあるため
・妊娠中の方
・生理中の方
・冷え性の方
・軟便気味の方

は飲用を控えましょう。

 

  アロエティーの作り方

①成長したキダチアロエの葉を採取します

②きれいに洗って薄く輪切りにし天日干しします。

③乾燥したら清潔な瓶などにいれて保存します。

 

  アロエティーの淹れ方

煮沸かす場合

①やかんにアロエティーの茶葉大匙1と水600mlを入れ
火にかけます。

②沸騰したら火を弱め7分~8分煮詰めます

急須で淹れる場合

①急須にアロエティーの茶葉大匙1を入れ熱湯を注ぎます。

②蓋をしたまま3分~5分蒸らします。

 

アロエティーはやや葉の青臭と苦みがありますがノンカフェ
インなのでカフェインが気になる方も安心して飲むことが
できます。

約300種類もあると言われるアロエの中でティーにはキダチア
ロエが使われます。
キダチアロエ育てやすくよく目にするなじみの深い植物です。
皮膚炎などを改善したい時、食欲不振の改善したい時、アレル
ギーなどを緩和したいときなどにもおすすめのハーブです。

 

 

こちらの記事もおすすめ

健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能
ヤマモモの葉茶 に用いるヤマモモはヤマモモ科の常緑樹で3~4月に小さな花を咲かせ初夏に濃い赤色の果実をつけます。  ヤマモモの葉茶の主な有効成分・トリテルヘノイド・ミリセチン・タンニン・クエルシトリン・ミルシトリン・フラボノール  ヤマモモ
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
スプラウトとは、穀類や豆類、野菜の種子の発芽したもので ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽です。 新芽野菜のもっとも一般的なのはもやしで、さまざまな料理に 使われています。
食用ほおずきの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ホオズキは、ナス科ホオズキ属の一年草になる果実です。 ホオズキには毒性があり一般的なホオヅキは食用にはできず 観賞用に育てられます。 食用になるのは、ショクヨウほおずきです。
おいしくて簡単「ラディッシュ」のピクルスを漬けてみよう!!
ラディッシュは、ヨーロッパを原産とするアブラナ科 大根族の野菜です。 小さく球形に肥大したもの、葉、茎を食用とします。 生食されることがほとんどでサラダや、酢の物などに 調理されます。
ドライオレガノの作り方ともどし方
オレガノは(oregano)はヨーロッパの地中海を原産とするシ ソ科の多年草で独特の芳香があり香辛料として使わています。 栄養価も高くオレガノのハーブティーには消化促進効果もあ ると言われています。
柚子(ユズ)ジャムの作り方と保存方法
柚子は中国を原産とするミカン属の常緑小高木になる果実 です。 日本では高知県の柚子が有名で全国に出荷されています。 独特の芳香が好まれ料理に使われるほか、体を温める作用が あるとして冬至には湯船に浮かべる習慣が広く伝えられてい ます。

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました